発売開始以降大人気の商品

コントロールジェルMEというのは、最近販売実績41万本を突破して、 人気の抑毛効果のあるジェルです。
別の脱毛クリームからコントロールジェルMEに乗り換えたという人も最近では多くなっています。

 

コントロールジェルMEにおきましては発売開始から14年以上が経っておりロングセラー商品となっています。
全身すべてに使用ができ、お肌に対するダメージもないのが人気の理由なのではないでしょうか?ムダ毛というのは、遺伝によって大きな影響があるのは間違えのない事実と言えます。
しかし遺伝ということだけで諦める必要はありません。しっかりと対策をすることが出来るのです。 コントロールジェルMEに配合している抑毛成分というのが、皮膚の表面に限らずに毛根にまで浸透していくこととなります。
これを使い続けることで、ムダ毛を赤ちゃんのような細いウブ毛に変え、発毛を抑えてくれる効果を期待出来ます。

ハンバーガー 東京ドットコム
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/bebu/



発売開始以降大人気の商品ブログ:18/6/18

減量に励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、より体質の脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
減量には逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

体質の脂肪が減らなくなる一番の原因は、
体質が摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
食べる事の摂り方に変化をつけることが
減量効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
1日1500キロカロリー食べている場合、
1週間のうちふつか間、
摂取カロリーを200〜300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1〜2個程度のライスを
いつもより多く食べるようにするのです。

ふつか間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
ふつか間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減した食べる事を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードで体質の脂肪を落とすことができるのです。

減量ではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。