デリケートに扱う必要があるのにもご注意

デリケートに扱う必要があるのにもご注意



デリケートに扱う必要があるのにもご注意ブログ:14/7/15


減量に効果的な運動には、
有酸素運動があります。

有酸素運動というのは、
ウォーキングやジョギングなどが代表的で、
ゆっくりと長い時間続けて運動できるものが含まれます。

でも、
有酸素運動を続けることは、
普段運動をしていない人にとっては、きついことです。
あたくしも慣れるまで大変でした!

きついことをやって結果が出なければ、
馬鹿らしくなるという気持ちもわかります。

ところが…
目に見えないかもしれませんが、
実際には効果が出ていたはずなんですよね。

もし効果が出ていなかったとしたら、
ちょっとご飯制限が甘かったのかもしれませんし…

有酸素運動をやっても、
なかなか効果が出なかった人は、
もとからの筋肉量が少なかったことに原因があるかもしれません。

筋肉というのは、あたくしたちの身体の中で
最もエネルギーを使うところです。

ですから、
ご飯制限だけの減量を行うと、
真っ先に削り落していくのが筋肉なんです。

よく食べるのを制限するだけの減量だと、
すぐにリバウンドして、
次の減量でさらにつらくなる…と言いますよね?

理由は、
エネルギーを大きく使う筋肉がすり減ってしまい、
カロリー消費の効率が悪くなってしまうからなんです。

ですから、
有酸素運動もいいですが、
筋肉をつける運動も同時並行的に
行うと効果がもっと目に見える形で表れてきます。

例えば、
背筋や背筋などを取り入れてみましょう。

別に筋肉痛になるくらいまで激しく行う必要はありません。
むしろ習慣づけることの方が重要!

筋肉をつけることによって、
カロリー消費の効率が上がります。

すると、同じ有酸素運動をやっても
消費されるカロリーが増えてくるんですよ。

デリケートに扱う必要があるのにもご注意

デリケートに扱う必要があるのにもご注意

★メニュー

デリケートに扱う必要があるのにもご注意
家庭用レーザー機器として長い間ヒット
脱毛サロンには時間的な余裕を持って行く
上手な脱毛サロンの選び方
多くの人に愛用されている脱毛アイテム
利用者の感想を確認
新しい画期的な脱毛クリーム
発売開始以降大人気の商品
開発が進められている家庭用脱毛器
脱毛サロンで予約が出来ないこともある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)深く知られていない脱毛情報Web